日本語を学ぶ

11いただきますのお話

11いただきますのお話

  • 再生時間:3.5分
  • 0350501602

講座を再生する

いただきますのお話です。

みなさんの国では食事の前に何か特別なことばを言いますか。
日本では食事を始める前に「いただきます」といいます。
なにげなく使っている言葉ですが、どんな意味か知っていますか。
わたしたちは毎日、食事をして、
米、肉、魚、野菜、果物などを体の中に取り入れます。
それらは、やがてわたしたちの、血や肉となって、
わたしたちは生きていくことが出来ます。
これらの肉や野菜は、みんな命があったものです。
こうして考えてみると、わたしたちは毎日、
実に多くの動物や植物の命を頂いて生きていることがわかります。
「いただきます」は、それらの命に感謝する気持ちを表しています。
また、わたしたちがおいしい食事をいただくことができるのは、
農家の人や料理を作る人など、いろいろな人たちのおかげです。
「いただきます」は、それらの人々に対する感謝の気持ちも込められています。


問題1

問題1.なぜ食事の前に「いただきます」といいますか。次のa.b.c.dのうち、1つ選んでください。

a.食事をする前に許可が必要だから。
b.昔からずっとそうしてきたから。
c.料理を作ってくれた人が一番偉いから。
d.命を頂いているから。


『d.命を頂いているから。』

解答を見る

問題2

問題2.「いただきます」をいう事にはもう1つ理由があります。
次のa.b.cのうち、1つ選んでください。

a.感謝の気持ちを表すため
b.謝罪の気持ちを表すため
c.嬉しい気持ちを表すため

『a.感謝の気持ちを表すため』

解答を見る